県では,県内の中小企業等の振興を促進するため,県内に本社・本店を有する中小企業等が開発した製品等について,県の機関が試験的に発注し,販路の開拓や受注機会の拡大を図る「鹿児島県トライアル発注・販路開拓支援制度」を平成17年度から実施しています。

平成28年度も対象となる製品等について,次のとおり募集しますのでご応募ください。

(制度の一部改正を行い,「対象となる製品等に「新商品の借り入れ」「新役務の提供」が追加されました。)

なお,本募集は,県議会の平成28年度当初予算成立等が前提となります。

このため,今後,内容等が変更することもありますので,あらかじめご了承ください。

(鹿児島県HPより引用)

◎メリット

トライアル発注制度は、承認された商品の販路開拓を県が支援します!

◎該当する企業とは?

(1)中小企業支援法第2条に規定する中小企業者で,県内に本社・本店を有するもの
(2)資本金10億円未満の企業で,県内の事業所において,県内の地域資源を活用又は県試験研究機関等と共同研究で製品等を開発した企業

◎発注の対象となる製品等は,次に掲げる要件の全てを満たすものとします。
(1)県内に本社・本店を有する中小企業等が開発したものであって,次のいずれかに該当するものであること。
・新商品(ただし,食品,飲料及び医薬品は除く。)
・上記新商品を利用した役務の提供(ただし,当該新商品を開発した中小企業等による役務の提供に限る。)
・新役務の提供(ただし,当該役務を開発した中小企業等による役務の提供に限る。新役務とは,新たに開発された役務をいう。)
・公共工事における工法

(2)優れた技術・製品特性を有し,市場性が見込まれる製品等であると認められ,次に掲げる要件のいずれかに適合すること。
・当該製品等の技術等について新規性や独創性が認められること。
・優れた特性を有し,環境対応,省エネルギー,省資源等県の行政目的の実現に有効であると認められるものであること。

(3)県の機関が調達している品目又は使途が見込まれる品目であること。

上記の条件を満たすものを対象とします。

詳細は、鹿児島県HPをご参照ください。

 

記載:阿久根商工会議所 中小企業相談所