鹿児島県「ものづくり中核企業生産革新支援事業」(ご案内)

地域経済をけん引する中核企業の「稼ぐ力」の向上に向けた取組への支援(補助金)について、ご案内します

 

目的
中核企業とは、経済産業省選定の地域未来牽引企業をはじめとする、高い技術力や成長性を有し、地域内取引や雇用の拡大など、地域に相当な経済効果を及ぼす地域経済を牽引する企業です。
本事業では、こうした中核企業又は中核企業を目指す企業の「稼ぐ力」向上に向けた生産性向上等の取組を支援し、その成長を後押しします。

補助対象者
鹿児島県内に事業所を有する製造業※1を営む中小企業者※2
※1 製造業:日本標準産業分類(平成25年10月30日総務省告示第405号)における製造業に属する事業を営む者
(総務省HP https://www.soumu.go.jp/main_content/000290724.pdf
※2 中小企業者:中小企業支援法第2条に規定する中小企業者
業種:製造業
定義:資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社並びに常時使用する従業員数が300人以下の会社及び個人事業主
補助額及び補助率
補助額は1,000万円を上限とし、補助率は対象経費の3分の2以内の額(千円未満の端数は切り捨て)とします。

補助対象経費
(1) デジタル技術の導入等による生産性向上の取組に要する経費
【取組事例・イメージ】
・産業用ロボットや画像処理技術の導入等による製造工程、外観検査等の自動化・省力化
・IoT機器の導入等による工場設備の遠隔操作や稼働状況把握 など
(2) 新製品・技術の開発や販路開拓等による付加価値向上の取組に要する経費
【取組事例・イメージ】
・成長産業分野(※)への参入など,新たな事業展開に向けた製品開発や技術開発
(※)「環境・新エネルギー分野」、「ヘルスケア産業」、「情報通信関連分野」、「ロボット関連分野」などの今後も成長が見込まれる産業分野
・新たな需要の獲得に向けた新市場への販路開拓の取組 等
(3) 多能工化に向けた人材育成システムの整備を行うための経費
【取組事例・イメージ】
・デジタル技術を生かして、複数工程に対応できる熟練者技術をデジタル化し、VR等で比較するなど、社内技術者育成システムを構築し、効率的に多能工を育成する 等

詳しくは、ものづくり中核企業生産革新支援事業事務局専用ホームページをご確認ください
https://monodukurichuukaku-kagoshima.com/

Follow me!